RSS
Admin
Archives

ガムメモ

個人的な忘備録

プロフィール

ガム

Author:ガム
http://www.nicovideo.jp/mylist/25371556
http://eyevio.jp/channel_movies/bookmark_356398

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06
23


23:32
Category : ぼやき
最近ほとんどゲームしてないんでテニスブログに変わるかもしれません

テニスやったことない人読めないような内容になりそう
スポンサーサイト
2013.06
17


01:30
Category : ぼやき
社会人になり2ヶ月ちょっと過ぎました
仕事にも慣れてきたし、まだまだ定時に帰れます
うちの会社は夏とかクッソ暇で、冬場がめっちゃ忙しいので今のところは暇ってかんじですね


TERA
ゲームクリアってかんじです
PvPには興味がないのでIDメインで遊んでましたが、最難関ダンジョンのシャンドラマナイア上級も安定してクリアできるようになってきたのでやることありません
あとはアイテム拾うかお金集めて買うかなんですけど、TERA自体のラグとかがかなりしんどいのでノータッチ

PSO2
再燃焼してきました
デューマンくるあたりで復帰予定です
それに備えてお金とか稼いでおこうかな

GG2
野良で遊んでます
対フレンドは差がありすぎて誘いづらいですし

P4U
ちょいちょい練習してます
フレンドとの差があるのと、舐めプしかしてこない人とかいるんでもうやらないかもしれない

GGXXAC
いずむくんとやってます
練習もできてないんで適当ですけど



あとは今まで無趣味だったんで、趣味増やそうと色々やってます
社会人は金あるんでいいですねマジで
2013.05
05


20:38
Category : ぼやき
広告だけ消しておこう
2012.09
03


15:38
Category : ぼやき
GG2しかり、格闘ゲームしかり、対戦ゲームはほとんどが複雑なじゃんけんでできてると思ってます
たとえば僕が今やってるP4Uでもそうです



美鶴の B>2AB>Bドロア というコンボがあります
まず美鶴がBを放つところから開始されますが、Bが当たったときだけ2ABにつなげるというのは不可能です
なのでB>2ABまでは入れ込みで入力しておきます
つまりはBがヒットしていてもガードされていても2ABまでは追加で出すってことです


Bを当てたけどガードされてしまった場合には、あと続く2ABでじゃんけんが発生します
美鶴の選択肢は僕が知ってるのでは4つです

1.そのまま続けて2ABを出す
2.2ABを途中で止めて様子見
3.2ABを途中で止めて投げにいく
4.2ABを途中で止めてもう一度Bを振る



1の選択肢
・・・相手がジャンプや暴れをした場合2ABがヒット。逆ギレ・ガードして抜けれる

2の選択肢
・・・相手が逆ギレをしてきた場合ガードできる

3の選択肢
・・・2ABがくると思ってガードし続ける相手を投げることができる

4の選択肢
・・・3の選択肢だと思って投げ抜けを入力した相手にフェイタルカウンター始動のコンボが入る


こんな風になってます
格闘ゲームの「じゃんけん」は平等ではなく、基本的には攻めている側が有利に進むことがほとんどです


平等ではないにしろ、アレにとてもよく似ています

子供の頃、じゃんけんをして勝ったら階段を上るというゲームをしたことはありませんか?
じゃんけんにグーで勝ったら「グリコ」で3文字なので3段上がる
パーで勝ったら「パイナツプル」で6文字なので6段上がる
チョキで勝ったら「チヨコレイト」で6文字なので6段上がる
勝ったときに出していた手で何段進めるか決まっているゲームです

普通に考えて3段より6段進めた方がいいのでパーかチョキを出す方がお得です
そしてパーはチョキに負けるので、チョキを出すのが一番のハイリターン択でしょう
しかしそんなチョキにも勝てる手があります
それはたった3段しか進めないグーを出すことなんです
そして今度はグーに勝つため、先ほど有用性でチョキに敗れたと思われたパーの出番もきますね


先ほどの美鶴の選択肢、2番をあまり使わないとすると1がグー、3がパー、4がチョキに似ていると僕は思っています
もちろん階段上りゲームのような単純明快さではなく、美鶴側のリスクも生じてくるので複雑にはなっていますが基本原理はこんなかんじですよね




さて前座が長くなってしまいましたがここからが本編です

僕は前述したようなリスクとリターンの関わりやプレイヤーの思考や精神状態が絡んで複雑になっているじゃんけん的読み合いがとても面白く感じており、それこそが対戦ゲームの醍醐味だと思っています
なので対処法がわからず適当に入力して勘で凌ぐしかない攻防は嫌いです

かつてストリートファイター4を始めようと思ったことがあり、実際少し練習したりしたんですが長続きはしませんでした
最初はさくらというキャラを使おうと思って色々なところでさくら講座を見たり読んだりしていたんですが、「見えない起き攻め」というのが売りになっているところがあって、それで萎えてしまいました

起き攻めの攻撃は表ガードが必要で、さくらが相手の正面に着地する
起き攻めの攻撃は裏ガードが必要で、さくらが相手の正面に着地する
起き攻めの攻撃は表ガードが必要で、さくらが相手の裏側に着地する
起き攻めの攻撃は裏ガードが必要で、さくらが相手の裏側に着地する
起き攻めにスカし下段
起き攻めに投げ
こんなかんじの6択でした

この6択を仕掛けるのは相応の技量が必要だとは思いますが、僕はこの6択を習得するために努力することはできませんでした
これはリスクリターンを全て考えるよりも勘で適当に入れてみるしかないんじゃないかって思ってしまったからです
勘でたまたま凌げても面白くないし、勘でたまたまこちらの攻撃が通っても面白く感じられません

強かったから勝ったんじゃなくて運が良かったから勝ったとしか言えないと思ったからです
繰り返しますが、この6択を仕掛けられること自体が強いということだとはわかっています
理解はしていますが納得はしていないってかんじです


上で書いたように僕は読み合いの攻防が好きなのでフレンドには自分が仕掛けていく択なんかもバリバリ公開してますし、フレンドにはコレ仕掛けてこいよ!ってそのキャラの攻撃択要素を教えたりしてます
じゃんけん的読み合いがしたいんです

2012.06
06


02:09
Category : ぼやき
書くネタがない・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。